漢方 柴胡の消炎作用がアトピーを緩和!?

柴胡の健康への効果とは?アレルギー疾患を緩和する柴胡の効能を徹底解説!アレルギーのほか、不眠や動悸といった症状をお持ちの方も要注目です。漢方を正しく用いるための基本、証診断の知識も公開中!中高年の健康維持に役立つ情報満載。
紫胡は炎症を鎮める作用があります。紫胡のサイコサポニンという成分にはステロイドと同じように免疫の過剰反応を抑える作用があるのです。

従ってアトピー性皮膚炎や気管支喘息、鼻炎、扁桃腺の腫れなどあらゆる炎症を鎮める効果が期待できます。

近年、医療現場では肝炎の治療にサイコサポニンが用いられる場合もあります。柴胡のもつ炎症鎮静作用について、漢方の理論では“こもりすぎた熱エネルギーを放出することで炎症を鎮める”と説明されます。

柴胡は免疫バランスを整える天然の万能薬!

紫胡の抗炎症作用は、精神的な安定をもたらすようです。それはなぜでしょうか。

前述の通り、アトピー性皮膚炎や気管支炎、鼻炎、扁桃腺の腫れなどは、免疫機能の“働き過ぎ”が原因でした。ここには、現代ならではのライフスタイルが大きく関係していると思われます。

何かと多忙な現代の社会。例えば、仕事でどうしても残業をしなくてはならなかったり、あるいは受験勉強を夜遅くまでしなくてはならなかったり…。生活はどうしても夜型になりがちです。

すると一日の大半を、体は交感神経優位の状態で過ごしていることになります。

交感神経優位の状態とは精神的に緊張している状態、つまり精神的に不安定な状態です。高血圧、高血糖、免疫バランスの乱れの原因になるほか、副腎皮質ホルモンの一種コルチゾールの過剰分泌によって、うつ病を誘発する可能性もあります。

紫胡の抗炎症作用、すなわち放熱・解熱作用は、免疫を働かせすぎているエネルギー源である“余分な熱”を取り除くと漢方の理論では説明されます。それが、過多なストレス状態の緩和に繋がり、精神の安定に作用するというのです。

また、紫胡にはペクチンと呼ばれる食物繊維も含まれます。ペクチンには疲労回復や体力増強効果が期待できます。腸内環境を整えることで、摂取した栄養の吸収効率をあげてくれるからです。

紫胡の含有成分であるサイコサポニンとコルチゾールが、忙しい日々を送るあなたの日々の暮らしをサポートしてくれるはず。きっと、紫胡の力が効くはずです。

柴胡の効能まとめ&漢方の証診断を解説

柴胡を適切に摂取した場合には、様々な健康効果が期待できます。ただし、柴胡を摂取する場合、それが自分の体質「証」にあっているかを見極める必要があります。それでは、ごく簡単ですがご自分の「証」を知ってください。

実証 虚証
体型は… 筋肉質・太っている やせ・水太り
汗は… かきにくい かきやすい
食事は… 大食 小食
熱証 寒証
顔は… 赤い 白い・青白い
手足は… ほてる 冷える
トイレは… 少ない 多い

どうだったでしょうか。どれも真ん中ぐらいだった、と言う方は中間証といって理想的な状態です。柴胡の摂取は中間証~やや実証、そして熱証の方向けです。体力が普通以上であることが望ましいです。

「証」に合わない漢方を飲んだ場合は効果がないばかりでなく、何らかの副作用が出てしまう場合も稀にありますのでご注意ください。

特に次に挙げる人は注意してください。

まず、インターフェロン治療中の方は“間質性肺炎”という重い副作用が出やすくなるとのことで、服用は避けてください。
他には胃腸が弱っている方、あるいは元々胃腸が弱い方。体力の衰えている方。軟便、下痢などの症状がある人。他の薬との併用を考えている方。
既に柴胡剤を服用していて、かゆみ、発疹、黄疸や肝機能障害の症状が出た方。柴胡剤を一定期間服用しているものの症状が改善されない方。

これに当てはまらない場合でも、専門家や漢方の知識を有した医師に一度はご相談されることを強くおすすめします。

医学博士の医療無料相談で
健康寿命を延ばすための情報をもっと詳しく

その他の漢方 厚労省公認ベスト10はこちら

このページの先頭へ