雑穀米で生活習慣病を予防して健康になる方法

お米を雑穀米に!生活習慣病の予防で健康的な習慣へ

高血圧や糖尿病などの生活習慣病は、食生活が深く関係していると考えられています。特に、主食として食べている白米は急激に血糖値を上昇させる可能性があります。このために、これを雑穀米に変える事により、生活習慣病の改善と予防に対しての効果を期待できます。

雑穀米とは、白米に粟やヒエ、キビ、ハト麦等の数種類の雑穀を混ぜて炊くご飯の事です。血糖値の上昇とコレステロールの吸収を抑制する効果がある食物繊維を豊富に含んでいるので、生活習慣病に対して非常に有効です。

さらに、食物繊維には大腸の働きを活性化する作用もあるので、便秘の改善にも効果的です。このために、雑穀米は美容に対しても様々なメリットを期待する事が出来ます。

小豆の栄養を雑穀米で更に効果アップ!健康おはぎ

健康にいい雑穀米ですが、玄米が食べにくい人でも、簡単に取り入れられるのも嬉しいポイントですよね。さらに食べやすくするために、ここでは雑穀米をつかったおはぎの作り方を紹介します。

まずは、雑穀米を混ぜたもち米と普通のお米を炊きます。15分蒸らしたら、すりこぎなどで、少しつぶします。そのお米を丸め、それをあんこや、きな粉でつつみ、好きな味付けにして楽しみます。冷やすと完成です。

ビタミンB1が豊富な小豆も一緒にとれるので、ダブルで健康への効果があがりそうですね。先ほど述べた通り、普通の白米より雑穀米を選んで食べた方が口渇厚や糖尿病などの生活習慣病にはいいのですが、小豆には砂糖も含まれているので、ダイエット中の方は食べ過ぎないように注意しましょう。

この食べ方になれてきたら、普段食べているお米が雑穀米でなければ、物足りなく感じてくることもあるでしょう。そうなるまでは、こういった工夫をして少しずつ取り入れていくといいと思います。

     

健康を維持するための情報をもっと詳しく


     
サブコンテンツ

このページの先頭へ