ほうれん草による脳の健康促進作用は要チェック

脳卒中予防にはほうれん草!さらさらの健康な血管に

ほうれん草は、我々日本人にとって身近な野菜です。ほうれん草の旬は冬といわれ、寒くなればなるほど味が美味しくなるといわれています。また、西洋種と東洋種が存在し、これまではその両方の種類が栽培されてきました。

しかながら、近年ではこれらを掛け合わせた品種が開発され、この品種が主に用いられています。ほうれん草には豊富な栄養素が含まれており、脳卒中の予防等様々な健康効果があるとされています。ほうれん草には、ベータカロテン、ルテイン、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、葉酸、シュウ酸、鉄分などが栄養素として含まれています。

こうした豊富な栄養が、脳卒中の予防や風邪の予防、高血圧を下げる効果や美肌の効果などがあるとされています。特に脳卒中は高齢になると気になる病気ですから、予防に心がけたいところです。

普段のカレーにほうれん草を!食べ合わせで健康に

食べ合わせで健康になる方法としては、カレーにほうれん草を組み合わせる方法があります。作り方は簡単で、普段通りに作ったカレーにほうれん草を茹でてトッピングするだけです。これだけで脳卒中の予防をすることができるのですから簡単です。

ほうれん草を食べて脳卒中を予防するためには、他におひたしや胡麻和えなどを作って食べる方法があります。いずれにしましても調理方法は簡単ですから脳卒中予防のために是非作ってみることをおすすめします。また、ほうれん草が少し苦手な方に脳卒中予防レシピを紹介すると、グラタンにすることをおすすめします。

グラタンのような存在感が強いものと組み合わせると食べやすくなります。注意点としましては、シュウ酸が多く含まれているので、過剰摂取してしまうと尿路結石などを起こす可能性が高くなってしまうことです。

このため、過剰に摂取しないようにご注意ください。しかしながら、シュウ酸は水に溶けるので、茹でるとそうしたリスクを下げることができます。

     

健康を維持するための情報をもっと詳しく


     
サブコンテンツ

このページの先頭へ