骨粗しょう症も防げるごまの健康パワーとは

骨粗しょう症予防にはごまが必要!健康な骨を保つために

骨粗しょう症は骨がもろくなってしまう病気です。特に閉経後の女性には多く見られます。骨粗しょう症になると安易に骨折しやすくなり、場合によっては寝たきりの状態になってしまう場合もあります。骨粗しょう症を防ぐために重要なのは若いうちからしっかりとした骨を作っておくことです。

そのためには食事が非常に重要になります。おすすめなのは積極的にごまを食べることです。ごまには骨を作るために必要となるカルシウムがたくさん含まれています。効率よくとるためには、ごまをすってから食べるようにするといいでしょう。

ごまはかたい殻に包まれているため、そのまま食べた場合には消化されずに排泄される場合があるからです。すってから食べれば多くの栄養を摂取することが出来ます。

お洒落な朝食にはこれ!健康ごま食パン

前に述べた内容で、骨粗しょう症にごまがいいことはわかりました。骨粗しょう症予防に最適なおしゃれな朝食を紹介します。それはゴマ食パンです。食パンの中にごまが含まれているものであり、ごまの風味が感じられ、プチプチとした食感がくせになる食パンです。

家庭のホームベーカリーを使用しても簡単に作ることが出来ます。また、市販のパンでも販売されているのでそれを購入してもいいでしょう。トーストとして食べてもいいですし、サンドイッチなどに使用してもおいしいです。また蜂蜜とも相性がいいので試してみるといいでしょう。

ごまは他の食材の邪魔をしないのでいろいろな方法で楽しむことが出来ます。パンは主食のため、毎日のように食べられるものです。そのため、パンと一緒にとるようにすれば骨粗しょう症予防に必要なカルシウムを毎日自然と摂取することが出来るようになります。最近の女性は長く生きるようになりました。

健康的に長生きするためにも骨粗しょう症の予防は重要です。

     

健康を維持するための情報をもっと詳しく


     
サブコンテンツ

このページの先頭へ