癌細胞を撃退する唐辛子の健康への効果とは

辛い唐辛子は癌細胞を死滅させる!健康には欠かせない食材

唐辛子の辛み成分はカプサイシンと言うアルカロイドに分類される種類で、血行を促進させ体温を上昇させるとともに、人間に備わっている免疫力を高める効果をもっています。ビタミンCも豊富に含まれているので、身体に悪い影響を与えるウィルスや癌細胞を死滅させる効果を持っています。

免疫力を増進させる効果をもっているので、風邪や様々な病気を予防し癌細胞を抑えることができます。体内の余分な脂肪分を分解し、肥満も予防できるので、メタボリックシンドロームなど脂肪が原因で起こる生活習慣病を予防することもできる優れた食品です。

唐辛子は健康を維持するために欠かせない食材で、辛み成分が胃腸を刺激し、消化液の分泌を促進するので、消化を進め食欲を増進させます。唐辛子の成分で体温を上昇させることでも癌細胞を倒せます。

いっきに元気に!ピリ辛唐辛子と水ナスの健康おひたし

上記でご説明した唐辛子の効果を、食事から簡単に感じましょう。また、味も美味しく元気になれる食べ方です。癌細胞と戦えるレシピで、調理も手軽に行えます。寒い時期は体をポカポカと温めるご飯になり、暑い季節は食欲不振や夏バテなどの症状を改善できる働きをもっているので、一年を通して美味しく食べる事ができます。

必要な食材は、唐辛子・水ナス・めんつゆ・砂糖・醤油・酢・オイスターソース・豆板醤・ショウガ・です。水ナスは食べやすい大きさに切って塩水につけます。唐辛子は斜めに切りレンジで1分30秒加熱します。ボウルに調味料を入れ混ぜ合わせておきます。塩水につけていた水ナスを絞ります。その水ナスと唐辛子をボウルに入れます。最後に白ゴマや鰹節などを加えて、さらに冷蔵庫に冷やして完成です。

切って混ぜて冷やすだけと、とても簡単な調理から唐辛子の効果を感じることができるのです。

     

健康を維持するための情報をもっと詳しく


     
サブコンテンツ

このページの先頭へ