健康に効果の高いぬか漬けで乳酸菌を取り入れて

乳酸菌で腸を健康に|ぬか漬けの身体に嬉しい効果

ぬか漬けは、乳酸菌が豊富となったぬか床に野菜を漬け込む伝統料理です。精米の過程で余ってしまう米ぬかには、ビタミンやミネラル、食物繊維が非常に豊富です。冬場に不足しがちとなるビタミン類の補給源とするために、自然の乳酸菌の力を借りてぬか漬けを作る伝統が生まれました。

ぬか床を作った直後には発酵が足りずに浅漬けの状態ですが、熟成が進むと酸味のある香りに変わって乳酸菌が増えます。ぬか床が完成すれば、あとは好きな野菜を漬け込めばぬか漬けとなります。

食物繊維が豊富な大根やカブを漬けて食べれば、乳酸菌の助けも加わって整腸作用が活発となります。夏の暑い時期には、キュウリと茄子を漬けて食べればミネラルと水分の補給もできます。

万能ぬか漬け健康焼きそば

万能ぬか漬け健康焼きそばぬか漬けは、家でも簡単に作ることができます。まずは、焼きそばに入れたい野菜を選びます。おすすめは、ニンジン、ピーマン、キャベツです。それらをぬか漬けにし、好きな具合につけたら、千切りにします。フライパンにはオイルをひき、お肉を炒めます。

いためたら、焼きそばのたまを加え、お肉と混ぜながら味付けをしていきます。お醤油や、塩コショウなどです。味付けができたら、火をとめ、それ以上は温度が上がらないようにしてから、先ほど切った野菜をフライパンにいれます。麺やお肉と混ざったらそれで完成です。

完成したら、オリーブオイルを再度かけてもおいしいです。ぬか漬けが好きでない方も、この方法なら取り入れやすいですね。健康を考慮したいけど、麺類を食べたいという方にもおすすめです。

乳酸菌が豊富なぬか漬けをおいしくいただくことができますし、このレシピはお弁当にも最適です。是非、健康のためのみでなく、食べてみてくださいね。

     

健康を維持するための情報をもっと詳しく


     
サブコンテンツ

このページの先頭へ