低カロリーな味噌汁は健康のために最適なスープ

健康に良いとされている食材との相性も抜群で低カロリーの味噌汁

味噌汁は、入れる具材により様々な味が楽しめます。具だくさんにすれば、単なる汁物ではなく、ちょっとしたおかずにもなります。

汁物には、味噌汁のほかにも、おすまし、スープなどもありますが、味噌という大豆の発酵食品が含まれており、健康的な飲み物です。

しかも、低カロリーの食材との相性も良いので、ダイエットにもぴったりです。味噌汁にあう低カロリーの食材とのをいくつか紹介すると、こんにゃく、大根やなす等の野菜、ワカメ等の海藻類、キノコ類などがあります。

一般的に、淡白な味の食材は、低カロリーとなります。そのまま食べると、味気ないかもしれません。これらの食材が、味噌汁と相性が良いのは、味噌のこくが大きく関係しています。

即席健康味噌汁!ダイエットにももってこい

ここで、低カロリーの食材を利用した味噌汁をいくつかご紹介します。まず、低カロリーの食材だけだと、味に深みがでないので、豚肉や油揚げ等を少し足すと良いです。

また、いも類を入れると、ボリュームが出て腹持ちが良くなります。低カロリーの食材以外に加える食材で、味噌汁と相性の良いものをいくつかあげると、里芋等のいも類、豚肉や鶏肉、油揚げ等があります。

まずは、豚汁です。豚肉は、モモ肉を使うと低カロリーです。他には、こんにゃく、ネギ、ニンジン、大根、里芋などを入れると良いでしょう。里芋はいも類の中でも低カロリーです。

里芋は、ニンジンや大根の2倍はカロリーがありますが、ご飯を減らしても腹持ちが良くなりますし、とろみがつくので、冷めにくくもなります。次は、根菜汁です。蓮根やゴボウ、油揚げ等を入れます。食物繊維も沢山とれてダイエットにもってこいです。

ぜひ味噌汁と相性の良い食材で美味しい味噌汁を作ってみてください。

     

健康を維持するための情報をもっと詳しく


     
サブコンテンツ

このページの先頭へ