腸内美人になるためにはキムチを食べて腸を健康に

善玉菌を増やして健康な腸内環境に!キムチの秘められた力

キムチは白菜などの野菜を塩、唐辛子、魚介塩辛、ニンニクなどで漬け込んだ漬け物です。もともとは朝鮮半島で作られていた漬け物ですが、最近ではその健康効果が注目され、日本でも人気が高まっています。キムチは非常に栄養価が高く、なかでも腸内環境を整える乳酸菌を多く含んでいます。

人間の腸には乳酸菌を代表とする善玉菌と、有害菌である悪玉菌が存在します。健康な人の腸はそれぞれのバランスが保たれていますが、このバランスが乱れると様々な健康被害をもたらします。

乳酸菌は腸内で善玉菌が増えるのを促す一方、悪玉菌を退治し腸内環境を整える働きをしますが、胃酸の影響で腸に届く前に死滅してしまう乳酸菌もあります。キムチに含まれる乳酸菌は非常に胃酸に強いため生きたまま腸に届き、善玉菌を増加させ腸内環境のバランスを整えてくれます。

ガッツリ食べても心配ない!健康キムチモダン

キムチには乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を増やす効果があり、腸内環境を整えて生活習慣病の予防・改善や免疫力の維持など様々な健康効果が期待できます。通常のモダン焼きの生地に混ぜ込むだけなので、市販の粉とその他モダン焼きの材料を用意するだけで簡単に作れます。

また、腸内環境を整えるためには大変有効な食品ですが、その効果をさらに高めるためには同じ発酵食品である納豆と一緒に食べることがおすすめです。乳酸菌と納豆菌を一緒に摂取することで、乳酸菌の増殖を助けることがわかっています。さらに腸内環境を整えるためには、キムチ納豆にタマネギを加えてみましょう。

タマネギに含まれるオリゴ糖が乳酸菌と納豆菌のエサとなり、腸内の善玉菌が増殖しやすくなり、腸内環境のバランスを整えてくれます。キムチは時間がたつと酸味が強くなりますが、これは乳酸菌が増えている証拠です。

酸っぱくて食べにくいという人も、モダン焼きの生地と混ぜ合わせると酸味が気になりません。このように工夫して食べるようにしましょう。キムチはそのままでも料理に使っても美味しい食品です。色々工夫して、健康のために毎日適量食べるようにしましょう。

     

健康を維持するための情報をもっと詳しく


     
サブコンテンツ

このページの先頭へ