メタボ予防にも効果的なえのきの健康メニュー

内臓脂肪減少でメタボリックシンドローム予防!えのきに期待される効果

えのきには食物繊維が豊富に含まれているので、便のかさを増やしたり、便秘を解消する働きがあります。30代を過ぎて、中高年の年代になってくると、内臓脂肪が増えてきて、健康診断でメタボを指摘されている人が多いです。

えのきは、カロリーがほとんどないため、料理を作る時にかさ増しをすることで、カロリーを抑えることができます。また、豊富なミネラル成分が含まれているので、内臓脂肪を減らしてメタボを改善することが可能です。さらに、1年間を通してスーパーマーケットで購入できますし、お値段もリーズナブルなので、使いやすいキノコ類として人気も高いようですね。

食べ過ぎになることはなさそうなので、毎日でも料理にしようして、生活習慣病を予防できるといいですね。

生活習慣病について詳しく知りたい方は『生活習慣病の予防法は日常生活の見直し!』をご覧ください。

えのきの水餃子でメタボ予防!

中国の伝統的な料理の水餃子は、焼き餃子に比べるとカロリーが低いですし、えのきを具に入れることでかさ増しができるので、満腹感を感じることができます。

えのきは、食べやすい大きさに切っておくようにして、キャベツも細かく刻んでおくようにして下さい。合いひき肉に、キャベツとえのきを加えて、オイスターソースや塩コショウ、顆粒だしなどで味付けをしておきます。

かさ増しをした水餃子は、カロリーが低いので、メタボを予防して内臓脂肪を減らすことができます。メタボ気味で内臓脂肪が気になっている人は、キノコ類などの食物繊維が豊富に含まれている食品を積極的に食べることが大切です。

水餃子を作る時は、市販の皮を購入すると簡単ですが、もちもちとした触感が好きな場合は、強力粉で皮を作ってみると良いでしょう。えのきには、豊富な食物繊維が含まれているので、メタボを解消して、生活習慣病を予防できます。メタボは、あらゆる病気の原因になるので、適正体重を維持することが大切です。

健康を維持するための情報をもっと詳しく

サブコンテンツ

このページの先頭へ