お腹の健康が崩れたと感じたらリンゴで整腸を

皮まで食べるのが大切!リンゴの整腸効果で健康なカラダに

リンゴとは、バラ科リンゴ属の落葉高木樹、またはその果実のことをいいます。リンゴには、食べ物の消化吸収、燃焼を助けるカリウムや整腸作用のあるペクチンペクチン、ビタミンやリンゴ酸などの栄養素が含まれています。

特に食物繊維のペクチンは、整腸作用があるため便秘がちな女性などの強い味方です。水分を含むと大きく膨らみ腸内を掃除すると同時に、腸内の粘膜を守り、悪玉菌の活動を抑えて善玉菌を増やし腸内環境を整えるのです。

また、整腸作用だけではなく、静菌作用もあるためがんの予防になり、善玉菌を増やすことでコレステロールを減らして動脈硬化などの病気を予防する効果もあるのです。その他、アレルギーを誘発するヒスタミンの濃度を下げるなどの効果もあるとされています。

甘酸っぱくて飲みやすい!健康リンゴ酢ドリンク

整腸作用があり、余分な脂肪を吸収させない働きがあり栄養豊富で、健康にとても効果があるリンゴですが、そのまま生食で毎日食べるのは大変です。そのためおすすめなのが、リンゴ酢で摂取することがおすすめです。

リンゴ酢は、整腸作用だけではなく、新陳代謝を上げて減量しやすい体にし、悪玉コレステロールを減らして、血行を良くして肌を綺麗にし、疲労を回復する効果があり、がんや糖尿病、高血圧の防止効果があるなど、整腸作用だけではないたくさんの健康効果があります。ここで紹介するリンゴ酢の作り方はとっても簡単です。

米酢とはちみつを用意し、それを一対一の分量で混ぜ、冷蔵庫で冷やすだけです。簡単に作れますし、毎日飲みたいほどおいしいです。生で食べる場合は、リンゴの皮をつけたまま擦りおろしたりジュースにすることで、リンゴそのものの栄養を摂取することができるのです。整腸効果だけではなく、さまざまな健康効果のある果実です。

     

健康を維持するための情報をもっと詳しく


     
サブコンテンツ

このページの先頭へ