健康に気を使う方への日光浴についての情報

日光に当たると身体に良いと聞いたので日光浴を毎日の習慣にしている

老若男女を問わず、日光浴で生成されるビタミンDが骨の健康に繋がるという事実がいくつかの記事を通じて、知られるようになりました。人間は体内でビタミンDを作り出すことができます。それは太陽の下、正確には紫外線を十分に受けることで可能になります。

紫外線を浴びると皮膚からビタミンDが生成されます。食事で摂取しにくいビタミンDが、人間の体内で生成されることは全く神秘に思われます。特に女性にとっては美容効果に加え、塞栓症を防止し、子宮がんや糖尿病などさまざまな病気の危険度を低くしてくれ、抵抗力を養ってくれます。
そして、暖かな日差しの下で楽しむ精神的な余裕は、ストレスが多い現代人にとってどこにも見つけることが難しい名薬処方の1つでもあります。

健やかな毎日を過ごせる漢方としてはと麦をお勧めします。女性に嬉しい美容効果や胃を健康に保つ健胃効果などをご紹介します。詳細はこちら『はと麦の5大効果~生活習慣病の予防効果も!』をご覧ください。

紫外線が皮膚癌の原因であるという学術報告もありますが、最近になって、その原因を日差しのせいだけで見ることは困難だという研究結果も発表されています。

適切な場所と時間帯で気楽に日光浴を楽しんでみるのも良さそうです。

日光浴を毎日の習慣にしてから、前より身体が強くなったきがする

外国人たちのようにいつでもどこでも自由に横になって日光浴をするのはまだ難しいですが、周辺の場所を積極的に活用することができます。少し周りを見れば、自然を楽しみながら日光浴を楽しむのに最適な場所があちこちにあります。

日差しが照りつける時間に肌をある程度露出させた状態で歩くようにします。熱中症を予防するために、帽子くらいは使ってもいいですが、全身に日焼け止めを塗って、それでも足りずサングラス・マスクなどの日焼け防止グッズを使用するのは止めるようにします。
また、規則的で継続的に行うことが効果的です。なぜなら、ビタミンDは蓄積することができないからです。

規則的で継続的な日光浴を習慣にすると、十分な光量を維持することができ、ビタミンDだけでなく、丈夫な身体、病気になりにくい身体を作ることができます。

     

健康を維持するための情報をもっと詳しく


     
サブコンテンツ

このページの先頭へ