健康に気を使う方へのおかゆについての情報

朝に弱いので朝食でおかゆを食べることに

健康な生活の第一歩は正しい食生活から開始されます。
健康的な食習慣は、長寿の秘訣だけでなく、活力に満ちた生活を作ってくれます。

おかゆは現代人の健康食、患者の回復食、子供の栄養スナック、食事をよく逃すサラリーマンや運動前後の栄養食として良いです。
おかゆは穀物を原料とし、水をたくさん注いで長く煮て作る料理を言いますが、材料に応じて方法も異なります。白米で炊く白粥や小豆、緑豆、大豆、粟、麦などの雑穀で炊くものもあります。元々は簡単なお腹のたしや患者や高齢者、子供たちの食事のために考案された料理ですが、貧しい人々の食糧を節約するためにも利用されてきました。

お粥は松の実粥、ゴマ粥、くるみ粥、黒ゴマ粥、落花生粥などのように身を守るための物もあり、患者や高齢者、子供たちのために重湯もあります。重湯は、米や粟が材料であり、栗、ナツメ、人参、もち米などを材料にする重湯もあります。

女性の強い味方!ナツメの3大効能を知りたい方は、『免疫力を高める漢方の効果(厚労省公認ベスト10)』をご覧ください。

栄養剤や他の補助食品を探すより健康を守ることができる栄養満点なおかゆを食べるようにしましょう。

朝食でおかゆを食べることにした結果、お腹のことで悩んだことはない

特に、保養を目的としている松の実粥、ゴマ粥、胡桃粥アワビ粥、鶏粥、魚粥、五味子重湯などは独特な味がして栄養価が高く、誰にでもオススメできるおかゆです。
ご飯より水の分量を多くして材料を煮込んだり、すりつぶしたりして、それを一緒に入れて長時間煮込んだ料理ですので、食べるのが楽で、家族の食欲をそそってくれます。

事業の関係で、ほぼ毎晩お酒を飲むうえ、家では朝食だけ食べる日がほとんどの主人のために主婦たちは、特に朝食に気を使うようになります。
そこで、思いついたのが、おかゆであり野菜粥、きのこ粥など様々に変化を与えられるので朝食によく、特にお酒をたくさん飲んだ次の日は、アワビ粥やイガイ粥、貝柱粥などが二日酔いを解消するのに良いおかゆです。

>>簡単!おかゆの作り方!

     

健康を維持するための情報をもっと詳しく


     
サブコンテンツ

このページの先頭へ