代替医療に熱い視線!西洋からも注目の的

現代医学の主流はごく最近まで近代西洋医学をベースとしたものでした。

これは、病状に対してひとつひとつ対処してゆく“対症療法”です。外科手術や救急救命などはまさに近代西洋医学的な治療で、日々命の危機に瀕した人々を救っています。

西洋医学の限界、東洋医学の見直ししかし、目立って大きな症状が出ていない場合、例えば慢性化した疾患の治療、予後のケアなどについては、西洋医学が充分であったとは言えません。

こうした、西洋医学の穴を埋めるべく注目され始めたのが東洋医学、伝統医療などといった“代替医療”だったのです。

特に最近注目されているのは漢方で、中にはガンの抑制効果があると期待されているものもあります。もちろん、素人判断で服用して意味があるというものではありませんので、漢方医など東洋医学に関する見識の深い専門家に相談したほうが良いでしょう。

当サイトでは東洋医学を含めた代替医療にも詳しい医学博士が実施している無料健康相談についても紹介していますので、代替医療を実践してみたいとお考えであれば、まずはそちらをご覧ください。

代替医療に詳しい医学博士が主催する無料健康相談の詳細

統合医療という可能性~超高齢化社会の医療

西洋医学と代替医療が手を組んで、治療にだけ力をいれる“治しっぱなしの医療”から“予防、治療、ケアを総合的に行う医療”へと変わりつつあります。

東洋医学や伝統医療などをはじめとした代替医療に注目このような新しい医療の形は“統合医療”と呼ばれ、現代の超高齢化社会の現状に即したものとして期待を集めているのです。

特に病気の“予防”に強いのが、東洋医学や伝統医療などをはじめとした代替医療。

日本でも国が主導のもと、病気の予防に力を入れた健康づくり運動“健康日本21”が推進されるなど、21世紀は“病気の予防に特化した時代”となってゆくことでしょう。

西洋医学に、劇的な方向転換をもたらし“統合医療”へと導いた“代替医療”を知ることは、まさに時代の最先端を知ることと言っても過言ではありません。

統合医療と大学病院の連携

そんな中、全国の病院が次々と統合医療のあり方を取り入れているのをご存じでしょうか?

明治国際医療大学附属の統合医療センター明治国際医療大学が附属の統合医療センターを、そして国立大学法人・筑波技術大学保健科学部も附属の東西医学統合医療センターを開設しています。

また、日本薬科大学では統合医療の講義を開講。来たるべき時代に向けた医療関係者の育成をはじめました。

次世代を担う医療関係者には西洋医学と共に“代替医療”の知識も求められることでしょう。統合医療の輪は、今後もどんどんひろがってゆくはずです。

世界も認めた!鍼灸が効く

鍼灸の効果はWHO(世界保健機関)にも認められる、世界中に愛好者をもつ治療法です。人間の本来持つ治癒力を引き出し、あらゆる病気を改善・緩和させてしまう鍼灸の健康効果に迫ります。

鍼灸について

体を温めて免疫力増大~温熱療法

歴史が古く、私たちにもなじみ深い温熱療法。たった1℃の体温変化が体にどれほど劇的な変化を与えるのかを解説したページ、そして、症状に合わせて温泉を選べるコーナーは必見です。体を温めるとこんなに良いことがありますよ。

温熱療法について

脚光を浴びる最新磁気療法とは

代表的な代替医療のひとつ、磁気療法の最前線をレポート。うつ病、統合失調症など精神面の治療、あるいは脳卒中後の手足の麻痺に効果が認められる最新治療“TMS”とは?現代的な磁気療法の可能性を検証します。

最新磁気療法について

自己治癒力を上げるホメオパシー

“聞いたことはあるけれど良く知らない”という方も多いホメオパシー。実は、現代に最も普及した代替医療のひとつなのです。治療薬レメディの生成法や種類の一部をご紹介するほか、本当に効くのかと疑問視されることもある“ホメオパシー治療の有効性”にもメスを入れます。

ホメオパシーについて

背骨の矯正で全身に効く~カイロプラクティック

背骨の歪みを矯正して身体を楽にしてくれるカイロプラクティック。背骨の適切なカーブが失われる事であなたを苦しめる諸症状が…。背骨の歪みがなぜ体を害するのか、そもそも整体とカイロの違いはどこにあるのか、などの疑問もこのページを見ればたちまち解決します。

カイロプラクティックについて

難病の治療にも漢方が有効〜がんの代替医療

近年、代替医療の発展によってがん治療には多くの選択肢が生まれました。中でも漢方薬は非常に大きな可能性を秘めた治療法として注目を集めており、欧米諸国でも積極的に利用されています。がんの代替医療に興味がある方に向けて、専門家の紹介も行っていますので是非チェックを!

がんの代替医療について

このページの先頭へ